虫歯4つの原因

むし歯は以下4つの要因が重なった時に起こると言われている。

1.歯垢(プラーク)
砂糖などが口の中に残っていると、水に溶けない粘着性のグルカンという物質ができます。
グルカンは、ミュータンス菌などが砂糖などを食べることで発生させます。
歯にこびりついたグルカンは、様々な細菌を引き寄せて歯垢を作ります。
歯垢は糖分やでんぷんを分解し、酸を発生させ、歯の表面を溶かしてしまいます。

2.甘い食べ物
ミュータンス菌などの細菌は、糖分を食べ、乳酸を発生させます。
乳酸が歯垢の中にたまり歯のミネラル(カルシウムなど)を溶かすのです。
甘いものが好きな人は、口内の細菌が活性化します。

3.歯の性質
その人、その人で歯の質や歯並びは異なります。
歯が酸で溶けやすかったり、歯並びが悪いため歯垢がたまりやすかったり・・・
これらの要因は、むし歯のリスクを高めてしまうのです。

4.時間
歯垢がついている時間が長ければ長いほど、むし歯になる確率は高くなります。
飲み食いするたびに歯の表面は酸性になりますので、間食が多い人はむし歯になりやすいと言えます。
3食しっかり食べて、できるだけ間食しないことが大切です。


むし歯は近代病です。考古学において、歯は比較的よく保存されていますが、生活が豊かになるほど、むし歯が増加の一途をたどっているのは間違いありません。
そして、むし歯の原因は、食物中の炭水化物や糖分です。
縄文時代からむし歯があるという記録がありますので、すでに農耕生活を営みクリやクルミなどを加熱して食べていたことが伺えます。
木の実は、熱を加えるとでんぷん質が高くなるようなので、むし歯の原因にもなります。
人間はかなり昔からむし歯に悩まされてきたのですね~

あなたは食後にしっかり歯磨きをしているでしょうか?
健康な歯は、あなた自身が手間をかけて守っていくしかありません。
洗顔やお化粧と同じように、歯も清潔に保ってあげてくださいね!!

恥ずかしい話ですが日本は予防においては残念なことに後進国と言われており、欧米人よりも実は日本人の歯の寿命が縮まっています。元々予防全般についての感覚が違うという事が感じられます。
歯科医師による訪問歯科診療の場面は、施術が完了してからも口のケアをしに定期的に数回歯科衛生士たちが訪問することが多くあるのです。笑うと未だに銀歯が目立つという人もいると思いますが、これは昔の歯科医師が施術したものが手を加えられることなく残ったものです。現代の審美歯科ではこの銀歯も普通の歯と同じ様なものに変えることができます。
口の中の臭いの存在を一緒に暮らす家族にも尋ねられない人は大層多いのではないでしょうか。そんな人は、口臭外来を訪れて専門の施術を行う事をお奨めします。
初期の頃は歯周病の原因となる菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それがきっかけで歯ぐきに炎症が生じて赤くなって傷んだり、ハブラシで歯磨きをすると血が出てしまうような不具合が見られるのが歯肉炎の特性なのです。
当の本人でも知らず知らずの内に歯にヒビ割れができている事態も想定されるので、ホワイトニングを受けるときにはじっくりと診てもらいましょう。


歯科による訪問診療の場合では、該当処置が終わった後も口のケアのためにある一定の頻度でお世話になっている衛生士が訪問させて頂く事が時折あってしまうのです。
大人になっても永久歯がむし歯になりますが、乳歯はその構造上永久歯に比べて耐酸性が脆弱なので、歯みがきを横着すると、乳歯にできたムシ歯はすぐに大きくなってしまいます。
きれいな歯にするのを焦点に置いているため、咬みあわせの事を二の次にしているような事態がいっぱい周知されているのです。安心感と優しさがモットーの大阪のホワイトニング専門歯科なら、こちらがおすすめです。スタッフの接遇も抜群で気持ちが良いです。
虫歯が原因の知覚過敏は、虫歯はかなり病状が悪化していると推察され、うずくような痛さも依然、変化はありませんが、そうでない際は一時性の病態で終わるでしょう。
ホワイトニングの施術は歯の外側の汚れ等をしっかりと取り去った後でおこなうのですが、それには自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医院で受けるオフィスホワイトニングの施術場所の違う2種類が選択できます。

ベーシックな歯ブラシでの手入れを念入りにすれば、この3DSの効能で虫歯の菌の取り除かれた状態が、ほとんどの場合は4ヶ月~半年位保持できるようです。
歯のカラーとは本当はピュアなホワイトであることはまず無くて、多少の個人差はありますが大部分の人が持つ歯の色はイエローっぽかったりブラウンっぽく色が付着しています。
人工的な歯の離脱がやれるというのは、年齢にともなって異なってくる歯や顎関節の症状に適応した方法で手直しが実施できるということです。
歯のメンテは、美容歯科分野での施術が終わって納得のいく結果にはなったとしても、忘れずにその後も継続しないと元の通りに戻ります。
大人同様、子供にできる口角炎もあらゆる因子が想像されます。とりわけ多い理由は偏食によるものと菌に大別されるとのことです。

歯の持つ色とは本当は純粋な白色ということはまず無くて、人によって多少差はありますが、大多数の人が持つ歯のカラーは、イエローっぽかったり茶色っぽい系統に色付いています。
歯の維持は、美容歯科に関する治療を終え満悦な出来ばえにはなっても、怠らずにし続けないと治療前の状態に戻ります。
普通なら医者の数が多ければ、じっくりと患者さんを診察してくれそうなイメージがありますが、意外とそういう医院は流れ作業のスタイルで、患者さんに治療を行う場所も存在すると聞いています。
あなたもご存知の通り口内の唾液は、すっぱそうな物や、おいしそうに見えるものを目の当たりにしただけで自然に出てくるものですが、実はむし歯や歯周病などのを抑制するのに適しているのが前述した唾液なのです。
いずれの職種の社会人に対しても言える事ですが、歯科衛生士を始めとして医療関係の機関に従事している人は、極めて仕事中の身だしなみに気を配らなければいけないと言われています。

歯の外側に付いてしまった歯石や歯垢などを取り去ることを、デンタルクリーニングと呼びますが、こういう歯石と歯垢等は、むし歯を引き起こす要因となるそうです。
まず口のなかに矯正装置をはめこんで、一律の圧力を歯に持続して加える事で正しい位置に人工的にずらし、トラブルを抱えた歯並びや噛みあわせ等を改善するのがいわゆる歯列矯正です。
歯のレーザー治療では、虫歯菌をレーザー照射により消してしまい、加えて歯の表面の硬度を高め、繰り返しやすい虫歯になるのを防ぎやすくする事ができると考えられます。
第一段階は歯周病の原因となる菌が歯の表面に付いてしまい、それが一因で歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤くなって弱ってしまったり、歯みがきするといつも出血したりする症状を呈するのが歯肉炎の所見です。
審美の観点でも仮歯は外せない存在です。目と目の間を繋げる直線と前歯の端が平行でないと、顔の全部が歪んだ印象を与えます。

プラークコントロールという言葉を聞くと、歯みがきを連想することが大方だという印象を受けますが、実際はそれだけではなくあらゆるプラークコントロールの用途があると考えられています。
上の親知らずは下と比較して、麻酔の作用が強いため、歯を抜く瞬間も痛みに感じるという場合が少なく痛みに弱い人が対象だとしても、手術は造作なく行えるのです。
やっかいなプラークが蓄積しない内に、日々歯石のケアをしっかりとおこなうのが、殊更肝心なポイントです。歯垢のたまりやすい所は、しっかりと歯みがきすることが一層肝心になってきます。
口の開け閉めが原因の筋肉の緊張を緩め、曲がった顎関節の奥を正常にするトレーニングをしたり、顎関節の動作を自然にする有効なトレーニングをおこないます。
ニオイが気になって、洗浄液やガムなどをよく用いているのだとすると、歯垢を取り去るケアを始めに始めてみましょう。イヤな口の臭いがマシになると思います。